読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つ れ づ れ か き つ ら ね

日々を書き連ね 書き散らす。

やっぱり、ご無沙汰でした。

案の定、かなり空いてしまった。ひさびさの更新です。
昨日はPrinceが亡くなってから1年だった。時の流れはやはり早い。こうやって毎年4月21日は、私にとってひとつの節目になるんだろう。

ところで、今抱えていることや仕事がひと区切りついたら、ギターなどを習ってみたいと秘かに考えている。(ただし現時点の気持ちなので変わるかもしれないが)。
ピアノを演っていたので音楽を再開するならその方が手っ取り早いのだが、今こそ、自分にはあえてギターなんじゃないかと勝手に閃いた。そのきっかけを作ったのがこのライブ盤にある曲。

MATSURI SESSION LIVE AT YAON / ZAZEN BOYS

f:id:Q-TARO:20170422235946j:plain

ライブ会場で限定販売されたこのアルバムは現在は販売終了。でもなぜかiTunes(だけ)で買えるのだ!
20曲目に収録されている「KIMOCHI」。私はこのライブ盤の「KIMOCHI」が非常に好きなのだ。かなりメロウです。でも力強い。

 

ちなみに林檎ちゃんと共演した動画もあるが、なかなかの再生回数。
向井氏のギターがハマる。あくまでも"私的には"最強な音色なのである。ギターの種類なのか、チューニングなのか、彼自身の弾き方なのか。

www.youtube.com

 

---------
ZAZEN BOYS、向井氏続きでもうひとつ。「サーカスナイト」のカバー。YouTubeにアップされているのを見つけた。向井氏のギターの音色はここでも最強である。で、その歌いもいい。

www.youtube.com

 

ちなみにオリジナルは七尾旅人。これは言わずもがな、です。(このPVはちょっと眼が虚ろ...w だが)。

www.youtube.com

 

あ、この流れで青葉市子という人(知らなかった)のカバーも見つけました。これもなかなか良かった。立て続けにこのような発見をすることは嬉しい。

www.youtube.com

 

音楽、いや物事にはこういうことがよくある。

良い曲は自らが成立していて 音楽としての安定感がある。でもそこからどう持っていくか、どう感じさせるかは歌い手次第なのだ。

 

---------

話は逸れたが、そんなこんなでギターをつま弾き口ずさみたい。
そのひとりの時間への欲求に駆りたてられる今日この頃なのであった。

 

 

保存

保存

保存